エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ(読み)エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

精選版 日本国語大辞典 「エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ」のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ・読み・例文・類語

エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ サンシラウ【エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ】

[1] 三味線のことをいう、人形浄瑠璃社会の隠語。さんしろ。
歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788) 序幕「酒がぶんずい、女郎やんま、三味線がエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ(ラウ)、やるものぢゃない」
[2] 小説夏目漱石作。明治四一年(一九〇八)「朝日新聞」に連載。熊本から上京した小川エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコと里見美禰子との淡い恋を物語の軸にしながら当時の大学生の生活を描くとともに、広田先生を通じて文明批評を展開する。

出典精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について情報

デジタル大辞泉 「エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ」のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ・読み・例文・類語

北海道 パチンコ 延長 営業

夏目漱石の小説。明治41年(1908)発表。熊本から上京した大学生小川エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコの、里見美禰子への淡い恋を描く。

出典 小学館 デジタル大辞泉について情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ」のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ・わかりやすいエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ
エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

夏目漱石( そうせき)の長編小説。1908年(明治41)9月1日より同12月29日まで、東京・大阪の両『朝日新聞』に同時に連載。熊本の高等学校を卒業した小川エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコが文科大学に入学のため上京してくるところから小説は始まる。老いた母の住む田舎(いなか)を背後に振り捨てた気のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコは、東京で、「偉大なる暗闇(くらやみ)」と評される広田先生から思想や学問の深さを教えられ、勝ち気で美しい里見美禰子(みねこ)から青春のきらびやかな世界に誘われる。友人の佐々木与次郎(よじろう)も軽薄な言動なりにエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコを啓発するところが多かった。文科大学の四季を背景に、多感な青春の哀感と、そのゆえの「迷へる羊」に似た危うさを描いた作品で、日本の近代文学にはまれな青春小説として多くの読者を集めている。「無意識の偽善家」を描いたという美禰子のモデルに、森田草平と心中未遂を演じた平塚らいてうを擬する説もある。日本は亡(ほろ)びる、囚(とら)われては 駄目(だめ)だなど、広田に托(たく)された文明批評も辛辣(しんらつ)である。

三好行雄

『『エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫)』『三好行雄著『鴎外と漱石』(1983・力富書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ」のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ・わかりやすいエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ
エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

夏目漱石の小説。 1908年発表。『それから』 (1909) ,『門』 (10) と合せて3部作とされる。大学入学のため上京したエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコは,東京での新しい生活のなかで美禰子と知合い,次第に心をひかれていく。美禰子の無意識の 媚態が彼の心を奪ったのである。しかし彼女は結局は常識的な結婚をしてしまい,エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコを失望させる。エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコの経験を通じて作者は青春の迷路を彷彿したのである。美禰子は同じ作者の『虞美人草』の藤尾と同タイプの自我に目ざめた「新しい女」として描かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について情報

百科事典マイペディア 「エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ」のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ・わかりやすいエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

パチンコ アニメ 台

夏目漱石の中編小説。1908年《朝日新聞》に連載。《それから》《門》と三部作をなす。熊本の高校から東京の大学に来た青年エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコを通じて明治末期の大学生生活を,卓抜な文明批評を散りばめて描く。漱石初期の【てい】徊(ていかい)趣味から後期への過渡的作品として注目される。

出典株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ」のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ エヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ

夏目漱石の同名の小説の主人公。
熊本の五高から東京帝大文科にすすみ,都会的な里見美禰子(みねこ)と交際するようになるが,やがて失恋する。明治41年「朝日新聞」に連載され,東大のエヴァンゲリオン 13 曲 パチンコ池の名の由来となった。姓は小川。

出典 講談社 デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて情報 | 凡例