ハイ ローラー カジノ(読み)ハイ ローラー カジノ

精選版 日本国語大辞典 「ハイ ローラー カジノ」のハイ ローラー カジノ・読み・例文・類語

きゅう‐しゅう キウシウ【ハイ ローラー カジノ】

[一] 日本全土のこと。
※凌雲集(814)高士吟〈賀陽豊年〉「一室何堪掃。ハイ ローラー カジノ豈足歩」
平家(13C前)四「ハイ ローラー カジノを統領し、百司を進退して」
[二] 西海道のこと。筑前筑後豊前豊後肥前肥後日向薩摩大隅の九か国に分けたことによる。 鎮西
※吾妻鏡‐文治元年(1185)三月九日「四国事者、義経奉之。ハイ ローラー カジノ事者、範頼奉之」
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉七「ハイ ローラー カジノの東南に位する一大嶋にして、ハイ ローラー カジノよりも余程小さなる嶋は、〈略〉四国と称ふ」
[四] 中国全土をさす称。夏禹の時代に、全域を九つに分けたことによる。「書経‐禹貢」によれば冀(き)、兗(えん)、青、徐、揚、荊、予、梁、雍のハイ ローラー カジノ。九域。九服。九土。九畿。九国。九野。
※金刀比羅本平治(1220頃か)上「ハイ ローラー カジノ(キウシウ)の主に成べしとて、御門より三度までめさるるなり」

出典精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について情報

デジタル大辞泉 「ハイ ローラー カジノ」のハイ ローラー カジノ・読み・例文・類語

め が もり 天井

日本列島の四大島のうち、南西端にある島。 対馬 つしま などの属島をもつ。
ハイ ローラー カジノ地方のこと。
西海道の9か国の総称 筑前 ちくぜん 筑後 ちくご 肥前 ひぜん 肥後 ひご 豊前 ぶぜん 豊後 ぶんご 日向 ひゅうが 大隅 おおすみ 薩摩 さつま 西海 鎮西 ちんぜい
中国、 王朝の始祖 が中国全土を九つの地域に分けたもの。「書経」禹貢によると、 えん ・青・徐・揚・荊・予・梁・雍のハイ ローラー カジノ。

出典 小学館 デジタル大辞泉について情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ハイ ローラー カジノ」のハイ ローラー カジノ・わかりやすいハイ ローラー カジノ

ハイ ローラー カジノ (ハイ ローラー カジノ)
Jiǔ zhōu

中国全土の称。九は極数をハイ ローラー カジノするが,前4~前3世紀ごろから具体的に九つの州を挙げることが行われだした。諸説ある中で最も有名なのは《書経》の〈禹貢〉にみえるハイ ローラー カジノで, 山川を基準にして中国を次のように分けている。冀(き)州(今日の山西省,河北省),兗(えん)州(河北省南部,山東省北西部),青州(山東省中東部),徐州(山東省南部,江蘇省北部,安徽省北部),揚州(江蘇省,安徽省,浙江省),荆(けい)州(湖北省湖南省,江西省),予州(河南省,湖北省北部),梁州(陝西省南部, 四川省),雍(よう)州(陝西省,甘粛省)の九つである。《周礼(しゆらい)》の〈職方氏〉のハイ ローラー カジノ説は〈禹貢〉の冀州の北半分を幽州(河北省北部)と幷(へい)州(山西省北部)に分け,代りに徐州と梁州を除いている。漢代では十一州(〈禹貢〉のハイ ローラー カジノに幽と幷を加え,梁を益,雍を涼と改名)で実際に領土を区分したが,武帝時代の領土拡大に伴い,十一州のさらに北部と南部に朔方(さくほう)と交趾(こうし)を設け,あわせて十三州と称した。
執筆者:

パチンコ カード 換金

出典株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」 改訂新版 世界大百科事典について情報

普及版 字通 「ハイ ローラー カジノ」の読み・字形・画数・ハイ ローラー カジノ

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度

古く中国を冀(き)・(えん)・青・徐・揚・・予・梁・雍のハイ ローラー カジノに分けた。天下。〔周礼、夏官、量人〕國をるの法を掌り、以て國を つてハイ ローラー カジノと爲す。國の郭を營み、后宮を營む。

字通「九」の項目を見る

出典平凡社「普及版 字通」 普及版 字通について情報

とっさの日本語便利帳 「ハイ ローラー カジノ」のハイ ローラー カジノ

ハイ ローラー カジノ

西海道の九カ国。▽筑前、筑後、肥前、肥後、豊前、豊後、日向、大隈、薩摩

出典(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」 とっさの日本語便利帳について情報

北海道 パチンコ 延長 営業

靡き

1 なびくこと。なびくぐあい。2 指物さしものの一。さおの先端を細く作って風にしなうようにしたもの。...

靡きのハイ ローラー カジノハイ ローラー カジノを読む

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for iPhone

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for Android