dq カジノ(読み)dq カジノ (英語表記)cabinet 英語

精選版 日本国語大辞典 「dq カジノ」のdq カジノ・読み・例文・類語

北海道 パチンコ 延長 営業

〘名〙 (奥深い内方の殿閣の意)
① 中国、明・清時代の政務統括の最高機関。明の永楽帝(成祖)が殿閣大学士を置いて機務に参与させたのが始まり。清の雍正帝が軍機処を設置したため、次第に実権を奪われた。一九一一年、dq カジノ・軍機処はともに廃止され、責任dq カジノ制度となった。〔明史‐職官志一〕
② (cabinet の訳語) 首長であるdq カジノ総理大臣およびその他の国務大臣で組織される合議体。行政権の主体であり、その行使について国会に対し連帯して責任を負う。天皇の国事に関する行為に助言と承認を与えるほか、一般行政事務、法律の執行、外交関係の処理、条約の締結、予算の作成、政令の制定、大赦特赦の決定などの事務を行なう。日本では明治一八年(一八八五)に、それまでの太政官を廃止して設置された。政府。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「最も政府を撼動すべき力の量ある人は、〈略〉dq カジノに入ることあり」

出典精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について情報

デジタル大辞泉 「dq カジノ」のdq カジノ・読み・例文・類語

北海道 パチンコ 延長 営業

国家の行政権を担当する最高の合議機関。首長であるdq カジノ総理大臣およびその他の国務大臣で組織され、行政権の行使について国会に対して連帯して責任を負う。また、天皇国事行為に助言と承認を与え、その責任を負う。職務として、一般行政事務、外交関係の処理、条約の締結、予算の作成、政令の制定などの事務を行う。日本では明治18年(1885)太政官制を廃止して設置。
中国、代の国政の最高機関。明初、中書省を廃止したのち、宰相の職として明の永楽帝が殿閣大学士(のちdq カジノ大学士と改称)を置き、dq カジノと称したのに始まる。清代に軍機処が設置されたのち、しだいに実権を失った。
[類語]政府行政府政庁政権台閣官府官庁 官衙 かんが かん くに おおやけ かみ

出典 小学館 デジタル大辞泉について情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「dq カジノ」のdq カジノ・わかりやすいdq カジノ

dq カジノ
dq カジノ
cabinet 英語
Kabinett ドイツ語
conseil des ministres フランス語

国の行政権を担当する最高の合議機関。政治的に普通、政府と称される。dq カジノということばは、英語のcabinetの訳語であるが、その語源は、中国の明(みん)・清(しん)時代の宰相の官署をさしたものである。dq カジノについてもっとも古い歴史を有する イギリスでは、チャールズ2世の時代(17世紀後半)に議会にも影響力を有する5人の寵臣(ちょうしん)貴族を選んで重要な国務や議会対策を委任したが、この5人が隠密裏に宮廷の奥深い小部屋cabinetで会合し、協議を行ったところから、そこで会議を行う人々の集まり(dq カジノ)をcabinetとよぶようになったといわれている。今日、行政権を担当する国家機関としてdq カジノを設ける国は多いが、その権能・組織はそれぞれの国の歴史的・政治的背景の違いに応じて多様である。

[小松 進]

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度

イギリス

議院dq カジノ制の母国ともよばれるイギリスは、dq カジノについても長い歴史をもっている。その起源は11~12世紀の ノルマン王朝の時代にまでさかのぼることができるといわれるが、初期のdq カジノは国王の諮問機関として国政上の政策決定・執行について助言・補佐するものであった。やがて議会政治が発達するにつれて、dq カジノは王権の補佐機関から議会の統制の下に国の行政権を担当する機関へと変容する。1688年の 名誉革命によりdq カジノは議会の多数党の支持を得なければならなくなり、国王は議会の議員を大臣に任命するようになった。その後、国王に対して責任をとっていた大臣が連帯して議会に対し責任を負うようになり、1783年に成立した小ピットdq カジノのとき、下院の不信任決議に対し解散権を行使し、イギリスのdq カジノは議院dq カジノ制の道をたどるのである。1832年の選挙法改正後dq カジノに対する議会の統制力が増大し、「dq カジノは議会の一委員会のごとき存在である」(バジョット)と評されることになるが、19世紀後半からの選挙法改正により政党政治が発達したこと、また福祉国家体制におけるdq カジノの役割が増大したことによって、dq カジノの議会に対する優位の傾向が顕著となった。dq カジノは選挙において多数を占めた政党の党首が総理大臣となり、その政党所属の下院議員を中心に組閣される。したがって、議会における政党的基盤を背景に、法律案の提出、議事日程の決定、財政その他の施策の立案など議会の主要な活動すべてにおいて、dq カジノは指導的役割を演ずるのである。さらに、両大戦を通じて戦争遂行のため、政治的決断力・行動力を備えた指導者が望まれ、チャーチルに代表されるような国民的支持を受けた首相が現れたこともあって、今日では、dq カジノにおける総理大臣の地位が著しく強化された。そこで、イギリスの政治はdq カジノ政治からdq カジノ総理大臣政治に移ったとさえいわれるようになっている。イギリスのdq カジノは、首相を中心に20名前後の大臣により構成されるが、そのほかに閣議に加わらない閣外大臣が30~40名ぐらい任命されている。

[小松 進]

フランス

フランスは伝統的に議院制の国、執行府の権力の弱い国として知られてきた。第三共和政では約100のdq カジノが成立したが、その半数近くは半年以下の寿命であり、第四共和政では18のdq カジノが誕生したが、平均寿命は約8か月であったといわれる。dq カジノの弱体と不安定の原因としては、行政府による議会解散権の行使が困難であったこと、小党分立のためdq カジノの政党的基礎がきわめて脆弱(ぜいじゃく)であったことなどがあげられている。

 現在の第五共和政憲法(ドゴール憲法)の最大の特色は、政治制度の中心的機構、その推進力を大統領とした点にある。大統領は、首相を自由に任命することができ、議会を解散する権能を有し、例外事態権として国家的危機に際して、一定期間「準絶対権」をもつなど憲法上強大な権能を付与されている。dq カジノはこの大統領の権威のもとに成立し、国政を決定し処理にあたる機関である。つまり、大統領が統治権力をもち、首相が狭義の執行権を保持しているといえる。首相および閣僚は国会議員との兼職を禁止されているが、両議院に出席して発言し、国会に対して責任を負う。フランスの現行dq カジノ制はイギリスのそれとも第四共和政までのそれとも異なった「議院dq カジノ制と大統領制との奇妙な混合」(ヒッチナー、ハーボード)といわれる独特の体制である。

[小松 進]

アメリカ

権力分立の原理を基礎とするアメリカの政治制度では、大統領制が採用され、これに行政権がゆだねられている。アメリカにもdq カジノcabinetといわれるものが存在するが、それは議院dq カジノ制の国における首相を中心とした合議体としてのdq カジノと異なり、大統領が自由に任免する12名の各省長官によって構成され、大統領が主宰する会議体をdq カジノする。これは憲法に規定のない慣行上の制度であり、閣員はなんら法的地位も権限ももたない。また各閣員が大統領に対して責任を負うが、合議体として連帯責任を負うものではない。アメリカのdq カジノは、いわば大統領に助言する機関であり、議院dq カジノ制をとる国のdq カジノに相当する機関は、アメリカにおいては大統領である。

[小松 進]

姫路 パチンコ 優良 店

沿革

日本にdq カジノ制度が導入されたのは1885年(明治18)である。それまでの太政官(だじょうかん)制がようやく近代国家として発展してきた日本の国政運営に適合しないと考えられ、また、4年後の国会開設後の中央行政組織の整備のため、ヨーロッパ先進国、とくにプロイセンを範として構想されたものである。初期のdq カジノは、天皇のdq カジノとして議会・政党に対し超然たるべしとの「超然主義」を基本とした。しかし、法律・予算についての「協賛」権を武器にしだいに力を伸ばしてきた議会から政府はいつまでも超然としているこdq カジノできず、日清(にっしん)戦争を境に議会の有力政党への譲歩・連携の方針にかわった。大正時代に入り、2回の護憲運動(イギリス型のdq カジノ制を「憲政の常道」として追求し、議会における政党の発言権を強化しようとするもの)があり、原敬(たかし)dq カジノ以後政党dq カジノが続き、いわゆる大正デモクラシーにおける政党政治が行われることになる。しかし、議会主義がともかくも憲政の常道として行われたのは昭和初期までであり、1929年(昭和4)に始まる世界恐慌、31年の満州事変を契機に日本は全体主義・軍国主義の支配する戦時体制に向かい、政党政治は終わりを告げることになった。やがて、dq カジノは軍部や親軍部の官僚・政治家によって占められ、軍部が直接政治を支配することとなった。こうした状態は1945年の第二次世界大戦の終戦まで続いた。そして姫路 パチンコ 優良 店は、日本国憲法の制定により、明治憲法でのそれdq カジノ根本的に異なったものに変わるのである。

[小松 進]

め が もり 天井

日本国憲法のもとにおけるdq カジノ制度は、明治憲法でのそれと異なり、次のような特色をもっている。その第一は、行政権を担当する最高の合議体として、国会、裁判所と並ぶ憲法上の機関となったこと、第二は、国会との関係において、超然的性格を捨て、議院dq カジノ制をとったこと、第三は、dq カジノ総理大臣に首長的地位を与えたこと、があげられる(憲法5章65条~75条)。

[池田政章]

俺 の スロット 公約

dq カジノは、天皇の補佐機関として天皇の「国事に関する行為」に助言と承認を与える点では、明治憲法的な性格が残されてはいるが、大きな特色として、かつて天皇の「大権」に属していた広範な事項を自らの所管とし、天皇dq カジノまったく独立に、行政上の職務を行うこととなった。すなわち憲法第73条には、(1)法律の執行と国務の総理、(2)外交関係の処理、(3)条約の締結、(4)予算の作成とその国会への提出、(5)官吏に関する事務の掌理、(6)政令の制定、(7)恩赦の決定、など一般行政事務を行うことが規定された。「行政権は、dq カジノに属する」という憲法第65条の規定は、dq カジノが行政権の最高機関であり、自ら以上の一般行政事務を行うほか、行政各部を指揮・監督することをdq カジノする。

 しかし、すべての行政権の独占をdq カジノするわけではなく、行政権に属するとみるべき国家作用でも、その本質上、国会による統制になじまないと思われるものについては、その職務を行う行政機関はdq カジノから独立している。いわゆる行政委員会とよばれるもので、人事行政に関与する人事院、専門技術的知識が要求される公正取引委員会、対立する利害の調整を必要とする中央労働委員会など各種の例があげられる。しかし、これらを例外として、dq カジノは、明治憲法下の天皇の大権に属した広範な行政権を手中に収めることになって、実際には強大な権力をもつことになった。

 憲法の原則のうえでは、dq カジノは、国会の優越的地位のもとに置かれてはいるが、議院dq カジノ制をとること(憲法66条~69条)によって、衆議院での多数党と手を握り、巨大な官僚機構を指導する立場にたつことになって、国政全般に関する実質上の中枢機関としての地位と権能が与えられた。しかし、実際には膨大な情報を有する官僚機構の支えがなければ政策立案がままならぬため、お互いにもちつもたれつの関係があり、ときに官僚主導と評されることがある。

[池田政章]

八幡西区パチンコ強盗

dq カジノは、その首長であるdq カジノ総理大臣、およびその他の国務大臣(行政大臣)と、国務大臣の定数以内のもの(無任所大臣)により組織される(憲法66条1項、dq カジノ法2条)。またその過半数は国会議員でなければならない(憲法67条1項・68条1項)。これまで文部大臣や法務大臣などが議員以外から選ばれた例があるが、この規定は議院dq カジノ制の趣旨を徹底させ、超然・官僚dq カジノの弊を防止するところにねらいがあるので、憲法はむしろ全員が国会議員であることを期待していると解されている。さらにそれらは文民でなければならない(憲法66条2項)と明示している。

[池田政章]

閣議

dq カジノは職務を行う場合、全国務大臣の会議である閣議による。閣議は必要に応じてdq カジノ総理大臣が招集し、これを主宰し、各大臣は、案件を提出して閣議を求めることができる(dq カジノ法4条)。閣議の議事については従来の慣習によるとされているが、重要な点として、その内容が秘密とされていること、議事が全会一致で決せられることである。閣議の秘密を守るこdq カジノ、それに列席する各大臣の重大な義務で、大臣をやめてもその秘密は守らなければならないとされている。また、公の合議体における議事は過半数の賛成で決するのを通例としているが、閣議についてはとくに全会一致で決すべきものとされているのは、dq カジノが連帯して国会に責任を負い、統一的な行動をとる必要があるためである。ところで、全会一致主義は通常、少数者の発言に過当な重さを与え、閣内の統合力が弱くなるおそれがある。そこで憲法は、dq カジノ総理大臣に国務大臣の罷免権を与え、この弊害を防ぐことにしている。

 閣議には、毎週の定日に開かれる定例閣議と必要に応じて招集される臨時閣議とがあり、各大臣が現実に集会してなされるのが原則であるが、便法として書類回付による「持回り閣議」も認められている。

[池田政章]

ドラクエ 10 カジノ レイド

dq カジノの事務を助けるために置かれるdq カジノの補助機関であり、その長がドラクエ 10 カジノ レイド長官である。

[池田政章]

スロット 軍資金

明治憲法時代の超然dq カジノは、現行憲法において根本的な変革が加えられ、議院dq カジノ制になった。すなわち、国会がdq カジノ総理大臣を指名し(憲法67条)、dq カジノは国会に対して連帯責任を負う(憲法66条3項)。dq カジノの存立が衆議院の信任にかけられ、dq カジノが衆議院の解散権をもつこと(憲法69条)が、それを具体的に示す。議院dq カジノ制の採用は、dq カジノを国会の統制のもとに置き、したがって立法と行政の両権を国民の監視のもとに置く、という民主的要請によるものである。

 いずれにしても行政権は合議体としてのdq カジノに統轄され、その権限行使の責任は、総理大臣および国務大臣が単独に負うものではなく、dq カジノが一体として国会に対して負うものとされた。この責任は法律的責任ではなく、政治的責任であると考えられるので、それゆえdq カジノの責任を民主的に果たさせるためには、国会ひいては国民の健全な政治的見識に基づく評価、反応が必要であると考えられる。

[池田政章]

総辞職

dq カジノはいつでも総辞職することができるが、他方、かならず総辞職しなければならない場合として、(1)衆議院でdq カジノ不信任案が可決され、またはdq カジノ信任案が否決された場合(憲法69条)、(2)衆議院議員総選挙後に新国会が召集された場合(70条)、(3)dq カジノ総理大臣が欠けたとき(70条)の3項目が定められている。総理大臣の辞職は、dq カジノの一体性の要求から、つねにdq カジノの辞職を伴うが、普通これを政変とよんでいる。dq カジノ総理大臣に罷免はない。dq カジノが総辞職したときは、国会は他のすべての案件に先だって総理大臣の指名を行い(憲法67条1項)、新しい総理大臣の任命までは、従来のdq カジノが引き続いてその職務を行う(71条)ことが規定されている。

[池田政章]

『山崎丹照著『dq カジノ論』(1953・学陽書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「dq カジノ」のdq カジノ・わかりやすいdq カジノ

dq カジノ (dq カジノ)
cabinet

首長であるdq カジノ総理大臣(首相)および他の国務大臣からなる合議体。規模は国や時期によって一定しないが,現代では20名前後が普通であり,日本のdq カジノ法(1947公布)は定員を21名と定めている。日本やイギリスなど議院dq カジノ制の国では国家行政の最高機関である。その会議を閣議,構成員を閣僚,首相が閣僚を選任しdq カジノを組織することを組閣という。衆議院や下院の議席の過半数を占める政党の党首が首相となるのが現代政党dq カジノ制の通則であり,過半数政党のない場合等には,政策協定を基礎に2党以上から閣僚が出て連立dq カジノが形成されるか,閣僚は出さずに政策協定等を基にdq カジノに協力する閣外協力が行われる。二大政党制が長く続いたイギリスでは,議会討論や政権交替に備え,野党も実質上の閣僚構成を示す慣行があり,〈影のdq カジノshadow cabinet〉と呼ばれる。閣議構成員としての閣僚は首相の下で国政全般について平等な発言権を持つが,閣僚個人の政治力量や所管省庁の重要性が閣僚間に事実上の序列を生む。これが俗に閣内序列と呼ばれ,少数の有力閣僚がインナー・キャビネットとみなされることもある。

 〈dq カジノ〉という語は中国に起源をもつが,ヨーロッパ型のキャビネットの訳語として日本に定着するのは明治10年代以降である。江戸期にもロシアのミニステル(大臣)が〈dq カジノ〉と訳され,将軍側近の〈御側頭〉と同視された例があるが,議院dq カジノ制の母国イギリスに幕末期にいち早く注目した福沢諭吉は,キャビネットを〈王室〉と訳し,〈政府の号令は国王より出るに非らず王室より出るものとみなせり〉と説明した。これは〈君臨すれど統治せず〉を基調とするイギリス国王と政府=dq カジノとの関係を最も早期に紹介したものであり,後年民権派が明治政府によるプロイセン型〈帝室dq カジノ〉構想に対抗して議院dq カジノ制導入を提唱するに至る出発点ともなった。

イギリスの議院dq カジノ制は,日本のみならず19世紀以降の世界に大きな影響を及ぼしたが,その成立は,明治憲法の推進者たちも指摘したように,長期にわたる試行錯誤と同国に顕著な歴史事情に負う面が強い。その起源は身分的特権層からなる国王の諮問機関,枢密院Privy Councilにさかのぼる。17世紀に入り,同院の膨張や政治的拘束を克服するため,その中の一部寵臣,有力大臣のみを国王がみずからの奥の間cabinetの秘密会議に招く傾向が強まり,それが奥の間会議cabinet councilと通称された。門閥勢力や伝統に縛られやすい表(おもて)の国事制度dq カジノ別に,能動的統治者としての君主を支えるための奥または内の事実上の制度として発生した点で中国との共通性がある。しかし議会や地主名望家の勢力が強く,法による支配の伝統が強固なイギリスでは,dq カジノを国王の恣意と専制の道具とみる傾向が当初は濃厚で,予算承認権を持つ下院を中心に,議会は国王に対抗してdq カジノの構成や政策を統制すべく努めた。迅速かつ組織的な国家運営や強力な議会協調がとりわけ重要となる戦時にはこの動きに拍車がかかり,下院の多数の支持を動員できる有力政治家を主要省庁の長とし,それによって構成されるdq カジノに国政運営をゆだねる傾向が定着していく。この過程で宮廷官がdq カジノから去り,dq カジノが宮廷と完全に分離されるとともに,dq カジノが政府そのものとなる。

 他方で18世紀の国王や親政府的上院貴族は,官職,役得配分権を基礎に下院の選挙や動向に強い影響力を持っていたため,議会多数派がdq カジノを生むというより,国王の信任するdq カジノが議会多数派を形成する傾向が根強かった。このためdq カジノ連帯責任制や首相職の発達も不十分で,明治期の〈帝室dq カジノ〉と似た面もあった。

 18世紀末以降行政機構や選挙制度の改革が進むにつれ,国王や貴族の議会操縦能力は低下し,下院多数派の動向がdq カジノ存続を直接決める〈議院dq カジノ制〉に移行する。予算と官職配分の中心に立つ大蔵第一卿が首相になり,その下でdq カジノが一体となって議会に責任を負う慣行も確立される。19世紀にはイギリスが世界の覇権を掌握していたことや,W.バジョットがイギリス政治の特徴は,議会と行政部との相互牽制というより,両者を結ぶ帯留としてのdq カジノにあると強調したこともあって,議院dq カジノ制は広く世界に影響を与えた。その後,選挙権の大衆化や大衆組織政党の浸透,国家行政の拡大を背景に,議会内部での離合集散ではなく,選挙によって多数となった政党の党首が自動的に首相となり,与党下院議員を中心に組閣を行い,選挙時の公約を基礎に国政運営にあたる傾向が強まる。この政党dq カジノ制の確立によってdq カジノの安定性と一体性が強まり,18世紀型の〈統治のためのdq カジノ〉から〈立法推進のdq カジノ〉への転換が完成する。

 20世紀に入っても同国のdq カジノ制は,両世界大戦期の挙国一致型少数閣僚dq カジノに代表されるように,柔軟な適応力と強い指導性とを発揮してきた。他方で高度に組織された行政および政党官僚機構を背後に持つdq カジノに対し議会の統制力が弱まったこと,また閣内では増大する閣議事項や所管省庁事務の膨張に追われがちな閣僚個々の事情に対応して,各種閣内委員会(閣僚会議)への決定権の分散が進められたりしたことなどから,合議決定体としてのdq カジノの実質は,一方では首相および少数のインナー・キャビネットへ,他方では行政官僚制へと移る傾向が著しい。

日本の法令に〈dq カジノ〉が登場する早い例は1873年の太政官達にあり,〈dq カジノハ天皇陛下参議ニ特任シテ諸立法ノ事及行政事務ノ当否ヲ議判セシメ凡百施政ノ機軸〉となるものとされた。この〈太政官dq カジノ制〉では天皇の輔弼(ほひつ)に任ずる太政大臣,左右大臣等は公家・旧藩主に限られ,参議は直接の輔弼責任を負わない。しかし実権は倒幕の主体となった薩長系中・下級士族出身の参議層にあり,天皇もヨーロッパの専制君主dq カジノ性格を異にしていた。このため太政官dq カジノは当初から宮中的性格が薄かった半面,その後一貫して日本のdq カジノを悩ませる求心的統合力の不足に苦しんだ。これに対しdq カジノ宮中化の動きも一部に生じ,とくに参議による卿=各省長官兼務問題は政争と連動して体制動揺を増幅した。

 国会開設を5年後に控えた1885年,太政官制が廃止され,首班であるdq カジノ総理大臣と各省長官を兼ねる9名の国務大臣からなる本格的なdq カジノ制が発足する。公家・旧藩主はまったく排除され,旧参議たる藩閥政治家が天皇を直接輔弼する大臣となって名実ともに政府の頂点を占めた。dq カジノ制の発足は,身分制の清算や近代的立憲政治の導入のうえで大きな前進であり,同年の〈dq カジノ職権〉によって〈大政ノ方向ヲ指示シ行政各部ヲ統督〉すると定められた首相を中心に政府の統合強化が図られた。他面で陸海軍統帥権が帷幄(いあく)上奏としてdq カジノ外部に残されたことや,〈天皇親臨して重要国務を諮詢〉する枢密院が別途創設されたこdq カジノ,89年の〈dq カジノ官制〉により首相権限が縮小され,国務大臣平等輔弼主義が定着したことと並んで,dq カジノを内外から制約する潜在要因となる。国会開設後のdq カジノ運営も,イギリスよりはプロイセンを範とし,天皇のdq カジノは議会・政党に対し超然たるべしとの〈超然主義〉〈帝室dq カジノ〉論が政府を支配した。このため天皇の意向を考慮しつつ,薩長閥の均衡と交替を基調に組閣やdq カジノ運営を行う体制が続いた。しかし明治末期に入り,藩閥の結束や力量の低下dq カジノ対照的に,政党が国政の有力な担い手となった。第1次大隈重信dq カジノを経て,原敬dq カジノ以降政党dq カジノが定着しはじめ,大正後半には有力政党間の政権交替が〈憲政の常道〉として強調された。この点でイギリスと似た過程を比較的短期間に成し遂げたといえる。

 しかし後継首相の〈奏薦〉を軸に元老・重臣が演出してきた〈憲政の常道〉は,1929年の世界恐慌に始まる政治の激動により32年に崩壊し,それに代わる政党dq カジノの実質が十分定着する余裕のないまま戦時体制が訪れる。軍部や官僚の疑似政党化と,既成政党への反感によって助長された政党の弱体化の結果,dq カジノは軍部や官僚機構の縄張競合と派閥抗争にたえまなく揺さぶられた。戦時の軍部主導の強権的dq カジノ運営や東条英機dq カジノによる首相権限の強化も,これを克服できなかった。dq カジノの国政指導力の弱さは,太平洋戦争の終結決定がdq カジノではなく,御前会議における天皇の〈聖断〉によってはじめて可能になった点に端的に現れている。

 第2次世界大戦後の日本国憲法は明治憲法dq カジノ対照的にdq カジノや首相の権能に関し明確で詳細な規定を置き,天皇に替わって国権の最高機関となった議会に対する連帯責任原則を明示した。国家の行政権のdq カジノ一元化や行政各部に対する首相の指揮監督権強化は,〈dq カジノ官制dq カジノ〉にみられた制度上の制約を一掃した。これは昭和初期に中断した〈憲政の常道〉を再生させ,イギリス型議院dq カジノ制へと完成させたものといえる。しかし各省庁の縄張意識や政党内の派閥意識の強さ,閣議前日の事務次官会議が閣議を事実上拘束する慣行等は,合議的決定体としてのdq カジノの実質と指導性にイギリス以上の疑問を生ぜしめている。

日本やイギリスdq カジノ異なり,共和制国家ではdq カジノと大統領や議会との関係は多様で,複雑になりやすい。アメリカの場合キャビネットという語は1793年に公式に登場し,大統領が政府主要省長官と定例的会議を行うことも初代大統領ワシントン時代からみられる。しかし執行権は大統領に専属し,dq カジノはあくまで大統領個人の非公式な諮問会議にとどまる。閣僚は議員たりえず,責任も議会に対してではなく,任免権者たる大統領に対する個別責任である。首相は存在せず,閣僚の連帯意識も弱い。リンカン大統領が全閣僚の反対に直面し,〈賛成1,反対7。よって可決〉と押し切ったという逸話は,今なおこの国のdq カジノの基調を示している。

 フランスやドイツでは大統領制と議院dq カジノ制の折衷がみられる。フランスの場合,dq カジノと議会・大統領との関係には過去いくたの変遷があった。現行の第五共和政では国民の直接投票で選ばれる大統領の権能が強まり,大統領主宰の〈大臣会議Conseil des Ministres〉が首相主宰の〈dq カジノ会議Conseil de Cabinet〉に優位する傾向が強い。首相以下の閣僚,政府員は下院議員であるこdq カジノできないが,dq カジノは議会による不信任の対象となりうる。これdq カジノ独立に大統領は首相の任免権を持ち,本来は首相に属する閣僚任免権すら大統領に侵食される傾向がある。ドイツのワイマール時代にも大統領と宰相Reichskanzlerとの関係は複雑で,政府弱体化やナチス台頭の遠因となった。第2次世界大戦後の西ドイツ基本法(いわゆるボン憲法)とその運用は,大統領を事実上イギリス国王同様の地位に置き,連邦首相Bundeskanzlerと閣僚からなるdq カジノ,正式には政府Regierungが名実ともに国家行政の中心である。フランスがアメリカ型の大統領dq カジノ制に接近してきたのに対し,西ドイツは共和制の枠内でイギリス型議院dq カジノ制に収斂してきたといえる。

1977年ソ連憲法は大臣(閣僚)会議を正式に政府と呼び,形式上議会に似た地位を占めるソ連最高会議によって組織され,同会議(休会中は同会議幹部会)に責任を負う国家の最高の執行処分機関とする。この点で大臣会議(または同幹部会)がdq カジノに,同議長が首相に相当する。しかし大臣会議が100名近くに達し,議長・副議長等比較的少数の大臣で構成される大臣会議幹部会の権能も不明瞭なこと,最高会議幹部会議長が国家元首とされ強い政治指導力を発揮しうること,民主集中制により条約締結や最高会議召集等議院dq カジノ制下では通例dq カジノに属する重大な諸権能が最高会議・同幹部会に留保されていること等,最高会議・同幹部会の公式上の優越が顕著である(1988年の憲法改正で,従来の最高会議に代わり人民代議員大会が最高国家権力機関として創設された。また90年より大統領制を導入した)。

 1982年中国憲法も,国務院,とくに同総理,副総理,国務委員,秘書長からなる国務院常務会議に,dq カジノ類似の地位を与え,ソ連の最高会議,同幹部会と大臣会議との関係にほぼ相当する規定を,全国人民代表大会(全人代),同常務委員会との関係について置いている。もっともソ連,中国等の社会主義国では,自由な選挙に基づく複数政党間の公開された競合という歯止めがないため,最高会議や全国人民代表大会の儀式化が体制原則をなし,それらに対するdq カジノの憲法上の責任は,事実上,党官僚機構への従属となりがちである。ソ連の場合,党の政治局や書記局が現実にはdq カジノに似た役割を果たす傾向(党の国家化)が強く,そのため公式には国家官職につかず,党書記長にすぎなかった時期のブレジネフが,閣議(大臣会議)に出席して主導性を発揮したり,米・ソ2国間協定に国家元首,首相をさしおいて署名したりする事態も生じた。
議院dq カジノ制 →議会
執筆者:

dq カジノ (dq カジノ)
nèi gé

中国,明・清時代の政治機関。明の太祖は中書省を廃して政務を親裁し,輔佐機関として 殿閣大学士を設けたが,永楽帝は翰林院より数人を選んで宮中の文淵閣に入れ機務に参与させた(1402)。これが中国のdq カジノ制度の起源で,その後,閣臣に殿閣大学士の官が加えられてからdq カジノ大学士の称が起こった。その職掌のうち最も重要なこdq カジノ,諸臣の上奏文に対して天子が書き入れる批答すなわち決裁の原案を作成することで,これを票擬という。つまり閣臣は政策の決定にあずかるもので事実上の宰相である。もっとも明代には天子の裁決権を宦官(かんがん)に委任する場合があり,宦官の権勢がdq カジノをしのぐことがあった。清は明制を襲ったが,雍正帝が軍機処を設けると(1729),dq カジノの権限はこれに移った。清末,宣統帝のとき旧制のdq カジノ,軍機処を廃し,日本にならって責任dq カジノ制をしいたが,民国の北京政府はdq カジノの名を廃し,大総統下の責任dq カジノを国務院と称した。
執筆者:

出典株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」 改訂新版 世界大百科事典について情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「dq カジノ」のdq カジノ・わかりやすいdq カジノ

dq カジノ
dq カジノ
cabinet

国家行政機関の一つ。語源は中国の明,清時代,宰相のいる役所をさしたことによる。各国の政治事情により内容が異なるが,イギリスのdq カジノに代表される議院dq カジノ制とアメリカなどにみられる大統領制によるものに大別できる。イギリスではチューダー王朝時代から国王の私設協議会がよく開かれたが,1660年のチャールズ2世に続き,18世紀初頭,アン女王時代にも女王の小部屋で毎週,政府の重要問題を決定する小委員会が開かれた。このためdq カジノは英語の小部屋をdq カジノするキャビネットと呼ばれるようになった。 1832年の選挙改正法案以来,dq カジノは次第に議会の委員会のような性格を備え,現在の議院dq カジノ制が形成された。閣員は議会に議席をもち,特に首相,蔵相は下院の議員であることが要請された。また議会の信任を受けて存在し,連帯責任をもち,首相の辞任と同時にdq カジノは解散する。人数は 20人前後で,行政官庁の長官と政党の幹部である無任所大臣によって構成される。本来慣習的な存在であったが,1937年の閣員法によって法的に位置づけられた。日本,ヨーロッパ大陸の国の多くはイギリスの議院dq カジノ制にならうものが多く,その場合にはdq カジノが行政の最高機関となっている。これに対し,アメリカでは閣員の意志は大統領を拘束しえず,また議会に議席ももたず,大統領がその任務を執行するための多くの補助機関の一つにすぎない。大統領による閣員の任命は上院の同意を必要とし,一般に著名な政治家が多いが,大統領の個人的友人や,法律,外交などに特殊な才能をもつ者が選ばれることがある。またフランスdq カジノは大統領制と議院dq カジノ制の折衷的性格のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「dq カジノ」のdq カジノ

dq カジノ
dq カジノ

近代における国家の最高行政機関。1873年(明治6)の太政官職制で国政の中枢となる参議の合議体をdq カジノと呼称。85年12月,行政府の強化・能率化をめざして太政官制を廃止しdq カジノ制度を確立した。外務・内務・大蔵・陸軍・海軍・司法・文部・農商務・逓信の諸省の長官である各国務大臣とそれを統轄するdq カジノ総理大臣によりdq カジノを構成。初代の伊藤dq カジノの成立と同時に,dq カジノ職権で総理大臣の統制権を規定した。89年の大日本帝国憲法では各大臣の天皇への輔弼(ほひつ)責任が明文化されたが,議会への責任は不明確であった。同年dq カジノ官制が制定され,法律案・予算決算案・条約案など重要案件はかならず閣議をへることが定められた。議会開設当初は藩閥政治家が「超然dq カジノ」を組織し,98年の憲政党の大隈dq カジノが最初の政党dq カジノである。第1次大戦後,1920年代には政党dq カジノが「憲政の常道」となったが,32年(昭和7)以後政党dq カジノは没落し,軍部が影響力を強めた。第2次大戦後の47年5月,日本国憲法とdq カジノ法の施行の結果,国家の最高行政機関としてのdq カジノの地位が明確になり,議院dq カジノ制が採用され,国会に対するdq カジノの連帯責任制も明らかにされた。以後,政党dq カジノが続いている。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」 山川 日本史小辞典 改訂新版について情報

普及版 字通 「dq カジノ」の読み・字形・画数・dq カジノ

北海道 パチンコ 延長 営業

中央の官署。のち執政の機構をいう。〔両湖塵談録〕我が官、中書省を革(あらた)むと雖も、特に閣を置く。亦た陰然たる宰相なり。

字通「内」の項目を見る

出典平凡社「普及版 字通」 普及版 字通について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「dq カジノ」のdq カジノ

dq カジノ
dq カジノ

明初期に設けられ,清代に継承された国務の最高機関
明の成祖永楽 (えいらく) 帝が,翰林院 (かんりんいん) の学士中より優秀な人物を選んで宮中の文淵閣 (ぶんえんかく) に入れ,要務に参画させた。当初は皇帝の顧問のdq カジノであったが,dq カジノ大学士が六部尚書 (りくぶしようしよ) を兼ねるに至って,事実上の宰相となった。1729年軍機処の設置で実権はなくなり,1911年廃止されて形式上は責任dq カジノ制となった。

出典旺文社世界史事典 三訂版 旺文社世界史事典 三訂版について情報

世界大百科事典(旧版)内のdq カジノの言及

【イギリス】より

… 同国の政治が長期にわたる成長の産物であるこdq カジノ,dq カジノ,政党,首相など,現代政治の鍵となる語が,起源的には非難・侮辱の意で用いられていた点に端的に表れている。dq カジノcabinetという言葉は,国王の信任する少数の大臣・寵臣からなる非公開の国政諮問会議のあだ名として,フランス語から借用された。国王の奥の間cabinetで秘密会議が開かれたのが名称の起源であるが,公式の国政諮問機関でありdq カジノ会議の母体でもある枢密院Privy Councilの権能を簒奪し,国王専制を担う君側の奸(かん)のたまり場になると非難,警戒された。…

【キャビネット・ペインティング】より

…ヨーロッパでマニエリスムからバロックにかけて,工芸品,宝石,古銭,動植物標本等と共に収集家の収集室(キャビネットcabinet)に飾られた小絵画。神話,風俗,寓意(アレゴリー),風景,静物等主題は多岐にわたるが,いずれも精緻で装飾的な工芸品的性格を特色とする。ドイツ出身で1600年前後にイタリアで活躍したロッテンハンマーHans Rottenhammer(1564‐1625)およびエルスハイマー,同時期のフランドルのヤン・ブリューゲルやフランケンFrans Francken II(1581‐1642)が代表的な画家である。…

【イギリス】より

…幕末以降,福沢諭吉を先頭にイギリスの政治制度の紹介は飛躍的に質を高め,富国強兵の手本としてのみならず,政治的自由主義の源泉としても,近代日本に大きな影響を与え続けた。議院dq カジノ制に代表される政治上の制度や技能が,近代世界におけるイギリスの最も卓越した貢献だとする主張には十分な根拠がある。他面で,それはヨーロッパの伝統的階層秩序が歴史変化に適応しながら生き延びようとした努力が,好運な条件に恵まれて,最も成功を収めた特異な例でもあり,移植困難な個性を色濃く帯びている。…

【インナー・キャビネット】より

…少数有力閣僚で構成され,全閣僚の閣議に代わり国政全般の方針決定や重要諸政策の調整にあたるdq カジノ内のdq カジノ。連立dq カジノや閣僚数膨張等の事態に戦争や社会危機の圧力が加わると,少数有力閣僚に決定権が集中する傾向が強まり,これが公式化されて成立する。…

姫路 パチンコ 優良 店

…明治憲法では天皇は〈国ノ元首〉(4条)として統治権を総攬したが,日本国憲法では天皇は主権者・統治権者としての地位から象徴の地位に変わり,対外面でも全権委任状・信任状,批准書その他の外交文書の認証,外国の大公使の接受など限られた国事行為を行うにとどまる。したがって,天皇を元首とみるこdq カジノ困難で,むしろ外交関係の処理や条約締結の実権をもつdq カジノが元首的地位に近いといえるが,それも決定的ではない。元首条項を排除している国民主権の憲法の下であえて元首を求める意義自体が問われよう。…

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度

…もちろん実際には天子の周辺にはおのずから顧問が生まれてくる。天子の学問上の助言者,もしくは秘書官として設けられた大学士が政治の相談にもあずかるようになり,これが〈dq カジノ〉を形成し,少なくて2,3名,多くても6,7名程度の大学士の合議によって事実上最高決定がなされるようになる(わが国でいうdq カジノは六部,中国のdq カジノは複数の総理大臣グループのこと)。具体的にいえば,天子の決裁の下書きをひとつひとつの上奏文に貼付して天子に差し出す,天子はそれを自筆で写して書きこめばよいのである。…

俺 の スロット 公約

…首長であるdq カジノ総理大臣(首相)および他の国務大臣からなる合議体。規模は国や時期によって一定しないが,現代では20名前後が普通であり,日本のdq カジノ法(1947公布)は定員を21名と定めている。…

パチンコ からくりサーカス 評価

…これでは文書の処理だけで莫大な時間と精力を要し,その全部にわたって十分理解して判断するのは非常に困難である。自然,皇帝の労を省くために別のくふうが必要となり,結果としてdq カジノ制度が定着した。洪武年間から皇帝の顧問として置かれた数名の殿閣大学士が,永楽年間(1403‐24)からは機務に参与するようになって,dq カジノと称されたが,さらにその後は,皇帝のもとに提出される上奏文を,あらかじめ下読みして,これに対する皇帝の決裁の文案を用意するようになった。…

※「dq カジノ」について言及しているdq カジノdq カジノの一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

パチンコ アニメ 台

チェルシー

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州東部,ボストンの北東約 5kmの都市。石油の精油所が立並ぶボストン港に面する。かつて避暑地であったが急速な発展をとげた。ロシアやリトアニア,ポーランド,イタリアからの...

チェルシーのdq カジノdq カジノを読む

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for iPhone

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for Android