ホテル リスボア カジノ(読み)ホテル リスボア カジノ (英語表記)investment fund

翻訳|investment fund

デジタル大辞泉 「ホテル リスボア カジノ」のホテル リスボア カジノ・読み・例文・類語

上野 パチンコ 優良 店

複数の投資家から集めた資金を一つの基金として 投資を行い、得られた利益を出資者に分配する仕組み。また、それを運営する機関・組織。あるいはその基金をいう。投資信託ヘッジファンド企業ホテル リスボア カジノなどさまざまな形態がある。単にファンドともいう。

出典 小学館 デジタル大辞泉について情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ホテル リスボア カジノ」のホテル リスボア カジノ・わかりやすいホテル リスボア カジノ

ホテル リスボア カジノ
とうしふぁんど
investment fund

元本の増殖や果実(配当、利息、分配金など)の取得を目的に投資家から拠出された資金を集め、共同投資のスキーム(仕組み)を用いて運営される基金というのが直接的なホテル リスボア カジノであるが、そこにはそれを運営する機関や組織も包摂されることが普通である。広範な概念であるため、ホテル リスボア カジノの種類は多様であるが、主要投資対象資産で区分すると、証券、商品、不動産などの各種ファンドが代表的である。近年は、これらの伝統的な投資対象に加えて、映画、絵画、ワインなどを対象に、その制作過程から関与していく形態も存在している。

 一方、ファンドへの資金提供者である投資家への募集形態という視点からは、公募(不特定多数)と非公募(特定少数)とに区分される。前者は公募型投資信託が代表的な存在であるが、一般にホテル リスボア カジノといった場合は、それ以外の(つまり非公募の)ファンド形態をさすことが多い。それは、非公募型のファンドは情報開示(ディスクロージャー)が限定的であることから、ファンドの行動が注目されるようなときにも外部からは運用実態を把握することがむずかしく、その秘匿性ゆえに市場や社会の混乱を加速する面があるなど、大きな影響が懸念されるためである。そうした秘匿性にはまた、多くのホテル リスボア カジノが目標とする投資収益率が極端に高く、リスクとリターントレード・オフ関係(一方を追求すると他方が犠牲になること)を考慮する限り、いかがわしいイメージを与えがちであるという負の側面も付随する。さらに、高い目標収益率を実現するためにレバレッジ(外部資金の導入により自己資金の投資収益の向上を図ること)を駆使するケースが多く、この面でも健全性を重視する立場からは批判的にみられることが多い。レバレッジの極端な例としては、買収先の資産やキャッシュ・フローなどを担保とした借入れにより買収資金を調達するLBO=leveraged buy outが用いられることもある。そうした是非への評価は後述することとし、以下では二つの代表的なホテル リスボア カジノの形態について示す。

(1)ヘッジファンドhedge fund 株式、債券、商品、為替(かわせ)など幅広い資産を対象に、デリバティブ(金融派生商品)などの金融工学を駆使して、高い運用成果を目ざすものである。かつてアメリカの投資家ジョージ・ソロスGeorge Soros(1930― )が主導したクオンタム・ファンドQuantum Fundが有名である。ヘッジファンドは、1998年に大手のロングターム・キャピタル・マネジメントLong-Term Capital Management(LTCM)が経営破綻(はたん)に陥ったこともあり、危うさが強くイメージされてきたが、近年では制度改革に伴う透明性の高まりとともに、年金基金など保守的な資金の投資対象にも加えられるようになっている。

(2)企業ホテル リスボア カジノ 企業に投資する形態のファンドで、これはさらにいくつかのタイプに分類される。まず、ある程度成熟した企業の株式を既存株主から買い入れた後、経営に関与して企業価値を高め、第三者に売却して利益を得るバイ・アウト・ファンドbuy-out fundがあげられる。この系譜に連なる形態には、アクティビスト・ファンドactivist fundと再生ファンドがある。アクティビスト・ファンドは、「モノいう株主」として経営陣に対して企業価値を高めるような要求をしていくタイプで、かつて存在した「村上ファンド」はこれに類型化される。再生ファンドは、経営不振に陥っている企業や事業に経営のプロを送り込んで企業再生を図る企業(事業)再生ファンドと、破綻企業などに投資するディストレスト・ファンドdistressed fundとに細分されるが、これらはいずれも再生可能な事業資質や 経営資源を保有していることが投資の前提となる。また、これらのファンドは、その貪欲さと屍肉(しにく)あさりとの揶揄(やゆ)を込めて「ハゲタカファンド」とよばれることもある。一方、未公開・未上場などの新興企業に投資するファンド形態としては、プライベート・エクイティ・ファンドprivate equity fundがある。これは、企業を支援することで株式価値を高め、将来的にIPO(株式の新規公開・上場)や他社への売却により利益を得ようとするものである。ベンチャー・キャピタルventure capitalはこの形態の一種である。

 以上のように、ホテル リスボア カジノには前述の影の部分だけではなく、光の要素も少なくない。とくに、企業の経営資源を有効に活用していくようなファンドの存在意義は評価されるべきである。その際、ヘッジファンドが認知されてきたように、情報公開による透明性の向上が、社会的に受容されるためには条件の一つとなる。ただ、情報公開の推進は、高い投資パフォーマンスを追求するうえでの桎梏(しっこく)となる可能性も無視できない。それは、ホテル リスボア カジノの多くがオフショア市場(国内取引と切り離し、規制や課税などの面で自由度を与えた国際金融市場)などを積極的に利用することで、高い投資成果をあげてきた経緯があるからである。透明性を高めるこホテル リスボア カジノ、こうした従来の運用姿勢やファンドの設立基盤などに関する自由度を縛ることにもなりかねず、結果的に投資効率の低下が避けられなくなるかもしれない。このディレンマは、非公募という形態による秘匿性を維持しながら高い投資成果を求めてきた多くのホテル リスボア カジノにとっては、改めてそのあり方が問われることともなっている。

[高橋 元]

『北村慶著『ホテル リスボア カジノホテル リスボア カジノ何か――知っておきたい仕組みと手法』(2006・PHP研究所)』『岡林秀明著『図解入門ビジネス 最新 ホテル リスボア カジノの基本と仕組みがよーくわかる本――ファンドビジネスの全貌!』(2006・秀和システム)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について情報 | 凡例

知恵蔵 「ホテル リスボア カジノ」のホテル リスボア カジノ

ホテル リスボア カジノ

投資家から集めた資金を目的に沿った対象に投資し、配当や収益を分配する仕組み。会社、投資組合、パートナーシップなどの形態を取る。企業の株式を取得し、株式公開や株価を上げて第三者への売却利益を目指すプライベート・エクイティ・ファンド、資金調達で行き詰まった事業や企業の再生を目指す企業再生ファンドなどが注目を集めている。また、村上ファンドが目指したような、経営に積極的に関与して収益の拡大や資産の有効活用を目指すアクティブファンドの例も出ている。これまでは海外のファンドが日本企業の再生に投資する例が多かったが、国内でも積極的な投資活動を手がけるファンドが組成される例が増えている。さらに、産油国などを中心に外国政府が傘下に政府系ファンド(SWF, Sovereign Wealth Fund)を組成する動きも活発化しており、米国財務省は2007年現在、1.5兆〜2.5兆ドルの政府系ファンドが投資活動を行っていると推計している。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ホテル リスボア カジノ」のホテル リスボア カジノ・わかりやすいホテル リスボア カジノ

ホテル リスボア カジノ
とうしファンド
investment fund

金融機関や年金基金などの機関投資家や個人から集めた資金を運用,投資するファンド(基金)。経営破綻企業などへの投資では買収後に経営陣を派遣して会社を再生させ,企業価値を高めたあとに売却し,高収益を上げる。バブル経済崩壊後の日本の不良債権市場に外資系ファンドが相次いで進出した際は,破綻企業の不良債権を安く買いあさるとのイメージから「ハゲタカファンド」の異名で呼ばれた。他方で,株式への分散投資で安定した資金運用を行なうホテル リスボア カジノもある。買収対象が未公開企業の場合,プライベート・エクイティ・ファンドと呼称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について情報

株式公開ホテル リスボア カジノ辞典 「ホテル リスボア カジノ」のホテル リスボア カジノ

ホテル リスボア カジノ

企業買収専門のファンドを運営する会社などが、ある企業(または企業群)を買収し、買収企業の経営に関与することで、結果、その企業価値を高めるということを目的としたファンドをホテル リスボア カジノという。機関投資家などから資金を集めてファンド(=基金)を作ったり、証券会社が自らの資金による買収ビジネスを展開するために子会社がファンドを作る。買収の対象が主に、未公開会社の場合を「プライベートエクイティーファンド」と呼ぶ。また最近では、経営者や従業員がホテル リスボア カジノなどの支援を受けて、それまで属していた会社より分離・独立するMBOがおこなわれるケースが散見される。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント 株式公開ホテル リスボア カジノ辞典について情報

M&Aホテル リスボア カジノ集 「ホテル リスボア カジノ」のホテル リスボア カジノ

ホテル リスボア カジノ

投資を目的として調達された資金及びその運営主体。投資対象が主に、未公開会社の場合を「プライベートエクイティーファンド」と呼ぶ。

出典 M&A Online M&Aホテル リスボア カジノ集について情報

スロット 軍資金

北海道 パチンコ 延長 営業

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

北海道 パチンコ 延長 営業のホテル リスボア カジノホテル リスボア カジノを読む

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for iPhone

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for Android