カジノ 入場 料(読み)カジノ 入場 料 (英語表記)broadcasting

翻訳|broadcasting

精選版 日本国語大辞典 「カジノ 入場 料」のカジノ 入場 料・読み・例文・類語

ほう‐そう ハウ‥パチンコ アニメ 台

〘名〙 ラジオやテレビなど、公衆によって直接受信されることを目的とする無線通信。また、有線による電気通信を有線カジノ 入場 料という。〔現代カジノ 入場 料辞典(1925)〕
※崖の下(1928)〈嘉村礒多〉「ニュースや天気予報のカジノ 入場 料にも」

出典精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について情報

デジタル大辞泉 「カジノ 入場 料」のカジノ 入場 料・読み・例文・類語

パチンコ イベント 群馬

[名] (スル)特定または不特定の受信者に向けて、無線・有線などの電気通信技術を用いて、映像・音声・文字などの情報を同時的に送信すること。カジノ 入場 料法では、「公衆によって直接受信されることを目的とする電気通信の送信」と定義している。「海外に向けてカジノ 入場 料する」「FMカジノ 入場 料」「車内カジノ 入場 料
[補説]カジノ 入場 料のデジタル化や情報通信ネットワークのブロードバンド化の進展に伴い、インターネットを利用したテレビカジノ 入場 料(IPTV)、携帯端末向けのワンセグカジノ 入場 料CATV事業者によるインターネット接続サービスなど、通信とカジノ 入場 料を融合・連携させたサービスが実現されている。
[類語]公共カジノ 入場 料国営カジノ 入場 料民間カジノ 入場 料ローカルカジノ 入場 料国際カジノ 入場 料CATV衛星カジノ 入場 料地上デジタルテレビカジノ 入場 料インターネットカジノ 入場 料

出典 小学館 デジタル大辞泉について情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「カジノ 入場 料」のカジノ 入場 料・わかりやすいカジノ 入場 料

カジノ 入場 料
カジノ 入場 料
broadcasting

カジノ 入場 料は、カジノ 入場 料法において「公衆によって直接受信されることを目的とする電気通信の送信」と定義されている(カジノ 入場 料法第2条1)。

 ここでいう「公衆」カジノ 入場 料、カジノ 入場 料を直接受信できる受信機(テレビ、ラジオ、その他受信チューナー)を所有するすべての人というほどのカジノ 入場 料で、「不特定多数」の人々である。つまり送信される信号を受け取ることのできる受信機さえ手元にあれば、基本的にだれもが自由に受け取り、その内容を享受できるのがカジノ 入場 料である。カジノ 入場 料では「送り手」と「受け手」の関係性は「1対N(不特定多数)」であり、書簡や電話といった伝統的な通信が「1対1」であるのカジノ 入場 料対照的である。

 なお、この定義は、2010年(平成22)12月に改正されたカジノ 入場 料法(2011年6月施行)によるもので、従来は「公衆によって直接受信されることを目的とする無線通信の送信」とされていた。つまり、カジノ 入場 料が「無線通信」から「電気通信」を含むものへとカジノ 入場 料内容が拡大されたことになる。これはケーブルテレビやラジオなどの有線カジノ 入場 料や、インターネットを伝送路として用いる番組配信サービスが登場、普及するなか、「無線通信」のみに限定する形では「カジノ 入場 料」概念を正確に説明できなくなったことに対応したものである。この改正では、カジノ 入場 料は「基幹カジノ 入場 料」と「一般カジノ 入場 料」の二種類に大別された。「基幹カジノ 入場 料」は無線によるもので、地上波、BS・CSカジノ 入場 料をさし、「一般カジノ 入場 料」は基幹カジノ 入場 料以外のカジノ 入場 料、すなわちCS124、128度等の無線カジノ 入場 料とCATV、インターネットを利用するIPマルチキャストカジノ 入場 料等を含む有線カジノ 入場 料をさす。なお、「基幹カジノ 入場 料」は、「電波法の規定によりカジノ 入場 料をする無線局に専ら又は優先的に割り当てるものとされた周波数の電波を使用するカジノ 入場 料」と定義されている(カジノ 入場 料法第2条2)。

 broadcastingということばが、日本語で「カジノ 入場 料」とよばれるようになった最初は、第一次世界大戦中の1917年(大正6)1月とされる。日本船三島丸がコロンボを経て南回りでヨーロッパに向けてインド洋を航行中、発信者不明の無線電報を受け、宛名(あてな)のない「送りっ放し」の電報であったことから、逓信省(現、総務省)に提出する通信日誌に「“カジノ 入場 料”を受信した」と記したという。「カジノ 入場 料」の二文字が成文の規定に用いられたのは、その2年後の1919年に逓信省が定めた無線電信制度の要綱であった。

[米倉 律 2024年2月16日]

種類

カジノ 入場 料は、基本的にラジオとテレビに分けられる。ラジオはさらに標準カジノ 入場 料ないし中波カジノ 入場 料AMカジノ 入場 料)、短波カジノ 入場 料、超短波カジノ 入場 料ないしFMカジノ 入場 料に分けられる。テレビは、地上カジノ 入場 料、衛星カジノ 入場 料、ケーブルテレビ、インターネットを利用するIPマルチキャストカジノ 入場 料などに分けられる。衛星カジノ 入場 料はカジノ 入場 料衛星によるBSカジノ 入場 料と通信衛星によるCSカジノ 入場 料とに分かれている。なお、テレビは1990年代以降、地上カジノ 入場 料、衛星カジノ 入場 料およびケーブルテレビでデジタル化が進み、日本を含め世界の多くの国でアナログカジノ 入場 料は終了している。これはカジノ 入場 料の完全デジタル化とよばれる。カジノ 入場 料のデジタル化は、高画質・高音質・多チャンネル化などに加え、双方向サービスやデータカジノ 入場 料、ワンセグカジノ 入場 料など、従来のアナログカジノ 入場 料ではできなかったサービスを可能にし、カジノ 入場 料を高機能・高性能化させた。

 技術上の分類のほかに、カジノ 入場 料をどのような社会的仕組みとするかという制度ないし経営面の違いに着目した分け方もある。すなわち、利潤を追求する民間企業によって運営される「商業カジノ 入場 料」、公共的な事業体によって運営される「公共カジノ 入場 料」、国家組織もしくは国有企業などによって運営される「国営カジノ 入場 料」である。これらは運営組織が異なるとともに財源も異なる。すなわち「商業カジノ 入場 料」は広告収入によって、「公共カジノ 入場 料」は主として公的な財源によって、また「国営カジノ 入場 料」は主として国の予算によって運営されている。

 世界の多くの国においては、上記のいずれかのカジノ 入場 料事業者しか存在しないというこカジノ 入場 料なく、なんらかの形での併存体制となっている場合がほとんどである。ただし、どのタイプのカジノ 入場 料事業者が中心的な存在であるかによって国ごとに特色があり、大別すると、(1)歴史的に商業カジノ 入場 料中心に発展し、公共カジノ 入場 料は存在したとしても存在感や影響力が小さいアメリカ、メキシコ、ブラジルのようなカジノ 入場 料体制(=自由競争主義モデル)、(2)歴史的・文化的に公共カジノ 入場 料が強い影響力を保持してきた イギリス、ドイツ、フランスイタリア、北欧諸国などのカジノ 入場 料体制(=家父長主義モデル)、(3)政治権力のプロパガンダを担うことも多い国営カジノ 入場 料が大きな影響力をもつ中国、ロシア、北朝鮮をはじめとするアジア・アフリカ諸国に多くみられるカジノ 入場 料体制(=権威主義モデル)の三種類に分類される。日本の場合は、受信料によって運営されている公共カジノ 入場 料のNHK、私企業による民間カジノ 入場 料すなわち商業カジノ 入場 料、それに国家予算に支えられるカジノ 入場 料大学カジノ 入場 料の三つの併存体制である。

 なお、商業カジノ 入場 料は広告料収入によって運営されているが、国営および公共カジノ 入場 料でも、イタリア、オーストラリア、ドイツ、フランス、カナダ、韓国などにみられるように、その運営財源の一部に広告収入をあてているところが多く、公共カジノ 入場 料の財源のほとんどが受信料によってまかなわれるイギリスや日本のようなケースはむしろ例外的である。このように、いずれの国をみても、カジノ 入場 料制度やカジノ 入場 料事業の経営形態は、それぞれの国の政治的、文化的、経済的背景によって定められてきているといえる。

[米倉 律 2024年2月16日]

パチンコ アニメ 台

カジノ 入場 料はラジオから始まり、そのあとに白黒のテレビが登場、さらにそれがカラーテレビとなって大衆的普及を実現した。カジノ 入場 料はさらに進化を続けており、前述したように衛星カジノ 入場 料やケーブルテレビ、デジタルカジノ 入場 料、インターネットを利用するIPマルチキャストカジノ 入場 料など、多様な形態が出現するとともに制度や産業構造、サービス内容や利用の形態など、さまざまな局面で急激な変化が生じている。

 世界のカジノ 入場 料は、1920年代にラジオによって開始された。アメリカ初の商業カジノ 入場 料局として、電機メーカーのウェスティングハウスが免許を取得してつくったラジオ局、KDKA局(ピッツバーグ)の正式カジノ 入場 料開始は、1920年11月2日とされる。1922年にはイギリス、フランス、ソ連で本カジノ 入場 料あるいは定時カジノ 入場 料が始まっている。日本でのスタートは1925年(大正14)である。日本では1923年の関東大震災によって、新聞社が大きな被害を受け、被災地の情報収集や伝達機能が失われた結果、デマや流言が拡散してパニックが引き起こされ、多数の朝鮮人が自警団によって殺されるなどの事件が起きた。これを受けて、当時すでに準備が進められていたラジオカジノ 入場 料スタートに向けての機運が高まった。そして、当初は民間の手にゆだねられる予定だったカジノ 入場 料事業は、公益性の高い事業として公共カジノ 入場 料によって運営されることになった。

 テレビはラジオの開始からまもなく先進諸国で実験が始められ、ドイツが1935年に定時カジノ 入場 料、イギリスが翌1936年に本カジノ 入場 料を開始している。しかし、やがて第二次世界大戦によりこれらの動きは中断ないし中止され、本格化したのは戦後、それも1950年代からである。日本のテレビカジノ 入場 料の開始は1953年(昭和28)である。

 1980年代に入って、いわゆるニューメディアが登場してきた。カジノ 入場 料衛星、通信衛星のほか、ホームビデオ、パソコン通信、 ファクシミリなどの登場が喧伝(けんでん)され、カジノ 入場 料も番組制作や編成などの側面で、多メディア、多チャンネル時代への対応の必要性が説かれた。

 2010年代以降、カジノ 入場 料は日本を含めた世界の主要国の多くで完全デジタル化が進められてきた。さらにインターネットや携帯電話の急速な普及などによってメディア環境が大きく変化し、人々のテレビ離れや広告を主軸とした従来型ビジネスモデルの限界が指摘されるようになっている。そうした結果、カジノ 入場 料、とくにテレビがメディアの中心的存在であった時代の終焉(しゅうえん)も指摘されるようになった。

 日本のカジノ 入場 料は1925年(大正14)3月22日、受信料を財源とする社団法人東京カジノ 入場 料局(JOAK)の仮カジノ 入場 料開始に始まる。現在のカジノ 入場 料記念日3月22日は、この日を記念して定められたものである。同じ年に大阪、名古屋にそれぞれ独自に社団法人のカジノ 入場 料局が誕生しカジノ 入場 料を開始した。なお、この年の7月12日に東京カジノ 入場 料局は本カジノ 入場 料を開始したが、そのカジノ 入場 料局の所在地である東京都港区の愛宕(あたご)山にはカジノ 入場 料博物館がある。翌1926年の8月にこれら3カジノ 入場 料局は合同で新しい社団法人日本カジノ 入場 料協会を設立、その後の日本のカジノ 入場 料の統合的発展の基盤がつくられた。日本カジノ 入場 料協会は、聴取者が支払う聴取料によって運営される公共カジノ 入場 料で、発足当初の聴取料は月額1円であった。以来、1951年(昭和26)9月1日、日本初の商業カジノ 入場 料局が大阪(新日本カジノ 入場 料。現、毎日カジノ 入場 料)と名古屋(中部日本カジノ 入場 料)でカジノ 入場 料を開始するまで、25年にわたって日本のカジノ 入場 料は独占的な公共事業体である日本カジノ 入場 料協会によって担われていた。第二次世界大戦中、日本のカジノ 入場 料は国策推進のためのメディアとして機能したが、国論統合的機能がもっともよく発揮されたのは戦争を終結させ、それによる混乱を回避するための天皇の玉音カジノ 入場 料(1945年8月15日)であったといえる。

 戦後、新しいカジノ 入場 料体制が確立したのは1950年6月1日の、いわゆる電波三法(電波法、カジノ 入場 料法、電波監理委員会設置法)施行以降である。旧来の社団法人日本カジノ 入場 料協会は解散し、カジノ 入場 料法によって設置される特殊法人の公共カジノ 入場 料事業体、日本カジノ 入場 料協会(NHK)が生まれた。同時に広告収入を財源とする商業カジノ 入場 料が認められ、ラジオは1951年9月から初の民間ラジオ局の本カジノ 入場 料が始まった。NHKは1953年2月1日にテレビの本カジノ 入場 料を開始、続いて日本テレビカジノ 入場 料網が同年8月28日に日本で最初の商業テレビを発足させた。以来、日本の戦後経済の復興、さらに高度成長へと発展するのに歩調をあわせて、日本のカジノ 入場 料、ことにテレビは急速に発達していくことになった。

[後藤和彦・米倉 律 2024年2月16日]

北海道 パチンコ 延長 営業

カジノ 入場 料は新聞・雑誌と共通してもつマス・メディアとしての北海道 パチンコ 延長 営業に加えて、電波メディアであるところからくる特質を備えている。まず、カジノ 入場 料は音声あるいは音声と動く映像によるメディアという特質をもっている。活字で印刷された新聞や雑誌と違ってカジノ 入場 料の情報は、具体的な人や物の姿、音声などによって構成され伝達される。カジノ 入場 料の表現は直接的であり感覚的であり情緒的である。たとえば印刷メディアでは文字言語によって人間という抽象概念を定義づけるこカジノ 入場 料できるが、テレビで抽象的な人間という概念を表現するのはむずかしい。しかし、その具象性ゆえに印刷物の場合に比べて、だれでも容易に、自分なりにカジノ 入場 料から情報を得ることができるという特性がある。

 次に、カジノ 入場 料を利用するには受信機が必要である。印刷物の場合には機械は不要だが、識字能力が要求される。カジノ 入場 料は受信機さえあれば、あカジノ 入場 料水道やガスのように連続的に供給されるカジノ 入場 料サービスを、自分で選んで手軽に享受することができる。

 カジノ 入場 料番組は、そのカジノ 入場 料局の1日のカジノ 入場 料時間に沿って配置される。いわゆる番組編成である。受け取る視聴者は、原則としてその番組がカジノ 入場 料される時刻でなければ、特定の番組に接触できない。情報が提示される順序や速度は、カジノ 入場 料を送り出す側によって決められる。1980年代以降のビデオデッキの普及、2000年代以降のDVDレコーダーやHDD(ハードディスクドライブ)レコーダーなどの普及、そしてネット配信サービスの広がりなどによって視聴者の利便性は向上しているが、それでもカジノ 入場 料は時間メディアであり、時刻に拘束されたメディアであるという特質は失われてはいない。

 このカジノ 入場 料の時間メディアとしての特質に関連して、カジノ 入場 料の同時性ということがしばしば指摘される。これには二つのカジノ 入場 料がある。一つは、送信と受信の同時性である。生(なま)中継の場合、事態の進行とカジノ 入場 料の進行と視聴者の視聴行動の進行が、ぴったりと時間的に同時進行する。事態の進展に立ち会っているということで、視聴者は迫力を感じる。生中継でなくても、送信と受信がほとんど同時であるというこカジノ 入場 料カジノ 入場 料の大きな特質である。もう一つは、同じカジノ 入場 料の情報を同時に多数の人々が受け取っている、というカジノ 入場 料での同時性である。カジノ 入場 料、とくにテレビでは、多くの世帯に普及しているがゆえに、一つの番組を数百万、数千万以上という人々が同時に視聴することがある。これは活字メディアやラジオ、映画など、ほかのマス・メディアではみられないメディア特性である。それゆえにテレビカジノ 入場 料においては、人々が視聴者という集団を形成し、自分と同じように、いま多数の人たちがこのカジノ 入場 料を視聴している、という共感をもちうる。ただし、このように時間的に形成される集団は、カジノ 入場 料局やチャンネルが増加し、番組が多様になるにしたがって分散する。商業カジノ 入場 料の場合、広告媒体としての価値は、そのカジノ 入場 料局のその時間の番組が、どれだけの規模の視聴者を形成しうるか、という同時性の強さによって定まってきた。視聴率というのは、まさにこうしたカジノ 入場 料の同時性というメディア特性を前提にしたものである。

 カジノ 入場 料が、どのような社会的機能を果たしているかについては、これまでにもさまざまな調査が行われ、議論が重ねられてきた。そうした機能なり影響なりが問題となる要因は、カジノ 入場 料が同時に広範な人々に感覚的な視聴覚情報を送っていること、また、多くのカジノ 入場 料局がより大きな規模の視聴者を獲得しようと競争していること、さらに、カジノ 入場 料の影響力を利用しようとさまざまな勢力が働きかけること、などに求められる。具体的なカジノ 入場 料の影響についての論議は、番組内容からくる幼児・青少年への影響、商業主義的な広告からくる消費行動への影響、政策の論理よりも情緒的なアピールに依存する政治的情報の投票行動への好ましからざる影響、大衆への迎合に陥りやすい娯楽・芸能的番組内容が一国の文化全般に及ぼす影響など、さまざまな領域に及んでいる。こうした影響についての指摘や批判に対しては、カジノ 入場 料事業者ならびに関係業界の自主的な規制が期待されているのが現在の日本における制度上の考え方である。悪影響が懸念され、社会的な批判があるからといって、ただちに国家的な規制が番組内容面に及ぶこカジノ 入場 料、カジノ 入場 料がほかのマス・メディアとともにもっている言論の自由への国家権力の介入を招くものとなるおそれが十分にあるからである。カジノ 入場 料界が秩序を保ちつつ、事業としての健全な発展を遂げ、報道から娯楽まで幅広い情報内容を提供し続け、いっそう国民一般の向上に役だつものとなるためには、慎重なカジノ 入場 料行政とカジノ 入場 料事業者の責任ある自律と、批判力を備えた賢明な視聴者のいずれをも欠かすこカジノ 入場 料できない。

[後藤和彦・米倉 律 2024年2月16日]

『日本カジノ 入場 料協会編『カジノ 入場 料五十年史』(1977・日本カジノ 入場 料出版協会)』『日本カジノ 入場 料協会編『カジノ 入場 料五十年史 資料編』(1977・日本カジノ 入場 料出版協会)』『日本カジノ 入場 料協会編『20世紀カジノ 入場 料史』(2001・日本カジノ 入場 料出版協会)』『島崎哲彦・米倉律編著『新カジノ 入場 料論』(2018・学文社)』『NHKカジノ 入場 料文化研究所編『NHKデータブック 世界のカジノ 入場 料』各年度版(NHK出版)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「カジノ 入場 料」のカジノ 入場 料・わかりやすいカジノ 入場 料

カジノ 入場 料 (カジノ 入場 料)
broadcasting

カジノ 入場 料は無線通信による送信の一つの特殊な形態で,カジノ 入場 料番組と呼ばれるまとまった情報を〈公衆によって直接受信されることを目的〉(カジノ 入場 料法)として電波によって広く伝播することをいうが,一般にはラジオカジノ 入場 料,テレビジョンカジノ 入場 料のことである。いわばあて先のない無線通信であるところからカジノ 入場 料は他のマス・メディアにはみられないいくつかの特殊な機能をもつ。まず電波が届いている範囲内で受信装置さえあれば,だれでも簡単に享受できること,その情報が聴覚的,または視聴覚的に提示される非固定的,一過性のものであること,電波によって広く伝播されるので,同時に同じ情報に接触するおおぜいの人々,すなわち受信者,あるいは視聴者という分散した大聴衆(オーディエンス)を形成すること,継続的に情報を提示するものであるために速報性にまさり,常時,その情報を更新することができることなどがあげられる。また,このように聴覚的,または視聴覚的な情報提示の特性をもち,巨大な規模のオーディエンスを形成しうるところから,カジノ 入場 料,ことにテレビカジノ 入場 料の広告媒体としての価値が高く評価される。さらに,カジノ 入場 料は電波を使用するメディアであるため,送出の時点と受信の時点が同時であり,現在進行形で進展するスポーツや事件の生中継(同時中継)に,新聞など他のマス・メディアの及ばぬ威力を発揮する。

 カジノ 入場 料はさまざまの基準で多様に分類される。ラジオは変調方式によってAM(振幅変調方式)とFM(周波数変調方式)に,あるいは周波数帯によって中波カジノ 入場 料短波カジノ 入場 料,超短波カジノ 入場 料に分けられたりする。テレビのVHF(超短波),UHF(極超短波)は周波数帯による区分である。またテレビについてはカジノ 入場 料開始以来の従来型の地上テレビカジノ 入場 料以外に衛星利用のBSカジノ 入場 料(カジノ 入場 料衛星利用),CSカジノ 入場 料( 通信衛星利用)も登場している。カジノ 入場 料法上のカジノ 入場 料の定義からは外れるが一般的には有線によるラジオカジノ 入場 料,テレビカジノ 入場 料,(ケーブルテレビ)もカジノ 入場 料の概念に入る。また文字カジノ 入場 料など多重技術を利用したさまざまの新しいタイプのカジノ 入場 料はまとめて多重カジノ 入場 料と呼ばれている。さらにそのカジノ 入場 料番組が到達する範囲からローカルカジノ 入場 料(および広域ローカルカジノ 入場 料),全国カジノ 入場 料と分けられたり,経営体の性格から 国営カジノ 入場 料公共カジノ 入場 料,商業カジノ 入場 料(民間カジノ 入場 料)と区別されたりする。こうした国内向けのカジノ 入場 料のほか,外国で受信されることを目的とする海外カジノ 入場 料(国際カジノ 入場 料)も多くの国で行われている。

 カジノ 入場 料の歴史はラジオから始まるが,世界最初のラジオ正式カジノ 入場 料は1920年11月2日,アメリカのピッツバーグのKDKA局による大統領選の結果のカジノ 入場 料とされている。日本ではラジオは25年3月22日,社団法人東京カジノ 入場 料局(NHKの前身)の仮スタジオからのカジノ 入場 料が(FMカジノ 入場 料は1969年3月NHKにより開始),またテレビは53年2月1日,NHKの東京テレビ局のカジノ 入場 料が,それぞれ最初のカジノ 入場 料である。56年末にはカラーカジノ 入場 料が出現した。89年にはNHKの衛星カジノ 入場 料が本カジノ 入場 料となり以降,日本のカジノ 入場 料は衛星時代に入った。カジノ 入場 料の事業主体ではNHKとともに日本のカジノ 入場 料体制の2本柱を形成する商業カジノ 入場 料(民間カジノ 入場 料)は1951年にラジオ,53年にテレビカジノ 入場 料,91年に衛星カジノ 入場 料がそれぞれスタートしている。

 現在,日本では受信料収入による公共カジノ 入場 料のNHK,広告収入による民間カジノ 入場 料,それに国家予算によるカジノ 入場 料大学という多様なカジノ 入場 料がラジオ,テレビにわたって実施されており,ラジオ受信機は数えることが不可能なほどの数量で普及しており,テレビ受信機の普及も同様の状況に近づきつつある。国際的に見るとラジオはほぼ100%の国々に普及しており,テレビの普及はほぼ9割に達している。衛星カジノ 入場 料が国境を自在に越えてカジノ 入場 料電波を地球規模に及ぼすことにより,地球上のほとんどの人々がなんらかのテレビ映像に触れる時代に入っているといえる。

 カジノ 入場 料,ことに視聴覚による情報を提供するテレビカジノ 入場 料が普及することによって,人々がその中で生活する情報環境の圧倒的部分はカジノ 入場 料によって形成されるようになった。そのこカジノ 入場 料もちろん災害時の情報提供のようにプラスの面もあるのだが,多くの娯楽番組にみられるような低俗性,暴力性などマイナス面についての指摘も多く,カジノ 入場 料の影響をめぐる議論が絶えない。こうしたマイナス面についてはカジノ 入場 料業界の激烈な競争が大きな要因として指摘されている。こうした競争の中で人々の人権,プライバシーの侵害などの事件も生じている。このような事情はいずれの国のカジノ 入場 料にも見られることで,それだけカジノ 入場 料のインパクトは大きいということである。

 カジノ 入場 料というマス・メディアはなかばは技術が支えている。送出だけではなく視聴者の番組視聴ということ自体,受信機の技術に依存している。そこからカジノ 入場 料は情報・通信の技術革新の影響を直接的に受けることになる。AMカジノ 入場 料からスタートしたラジオはまもなくFMカジノ 入場 料を加え,さらに高品質のPCM(パルス符号変調)音声カジノ 入場 料も実現した。ラジオに続いてテレビが始まる。これもVHFからUHF,そして衛星利用のBS,CSカジノ 入場 料となる。テレビの品質の向上を目指してのハイビジョンカジノ 入場 料も本カジノ 入場 料が間近である。こうしたラジオ,テレビのカジノ 入場 料波に多重技術を応用することによる文字カジノ 入場 料などの新顔のカジノ 入場 料も実現している。さらに無線系のほかに有線形のカジノ 入場 料にもさまざまの発展が見られる。ケーブルテレビなど従来どちらかといえば補助的な手段であったものが,いまでは多チャンネルというだけでなく高度な双方向性をもった情報サービス・システムに発展しつつある。これらはいずれもカジノ 入場 料というメディアが技術依存型のメディアであることをよく示している。したがってこんごカジノ 入場 料は新しい技術の影響を受けながら,その形態も機能もさまざまに変わってくることと思われる。しかし,一地点から広い範囲に,同じ情報を同時に,しかも受信者1人当りのコストも安く届けるには,カジノ 入場 料が最も効率のいいメディアであることに変りはない。そうした広範囲性,同時性,経済性をもつカジノ 入場 料は,将来の多メディアの時代においても一定の社会的な機能,すなわち刻々と変わる,人々をとり巻く環境を監視し,常時,必要な情報を視聴覚的に供給し続けるという機能は存続し,人々に支持されることになるだろう。

沖 ドキ 新台 予定

パチンコ アニメ 台

カジノ 入場 料記念日日本最初のラジオカジノ 入場 料は1925年3月22日に社団法人東京カジノ 入場 料局(日本カジノ 入場 料協会の前身)によって始められたが,43年に日本カジノ 入場 料協会(NHK)はこの日をカジノ 入場 料記念日と定めた。毎年NHKを中心にさまざまな記念行事がとり行われるが,50年にはカジノ 入場 料開始25周年を記念して,カジノ 入場 料事業の発展や,カジノ 入場 料文化の開拓・向上に特別の功労があった人々に対して贈られる賞として,カジノ 入場 料文化賞が創設された。第1回の受賞者は山田耕筰,宮城道雄,徳川夢声の3氏。

テレビジョン →ラジオ
執筆者:

出典株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」 改訂新版 世界大百科事典について情報

百科事典マイペディア 「カジノ 入場 料」のカジノ 入場 料・わかりやすいカジノ 入場 料

八幡西区パチンコ強盗

電波を利用したマス・メディアカジノ 入場 料法では,公衆によって直接受信されることを目的とする無線通信の送信と規定。一般にはラジオカジノ 入場 料テレビジョンカジノ 入場 料をいう。電波の波長によって,標準カジノ 入場 料(中波),短波カジノ 入場 料(HF),超短波カジノ 入場 料(VHFカジノ 入場 料),極超短波カジノ 入場 料(UHFカジノ 入場 料)があり,また振幅変調方式による一般のAMカジノ 入場 料,周波数変調方式を用いたFMカジノ 入場 料に区別。VHFとUHFはテレビジョンカジノ 入場 料に使用されている。ほかに有線電気通信設備による有線カジノ 入場 料がある。カジノ 入場 料事業には公共カジノ 入場 料と商業的基盤による 商業カジノ 入場 料があり,日本では日本カジノ 入場 料協会(NHK)と一般カジノ 入場 料事業者(いわゆる 民間カジノ 入場 料)により両者が並行して行われている。ラジオカジノ 入場 料の開始はNHKの前身東京カジノ 入場 料局が1925年,商業カジノ 入場 料は1951年。商業カジノ 入場 料は特に1953年のテレビカジノ 入場 料開始以来めざましく発展, 広告媒体の首位を占めている。

出典株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「カジノ 入場 料」のカジノ 入場 料・わかりやすいカジノ 入場 料

カジノ 入場 料
カジノ 入場 料
broadcasting

公衆によって直接受信されることを目的とする電気通信の送信(カジノ 入場 料法2条1号)。電波を媒体として,音声・映像により情報を受け手に伝達させるマス・コミュニケーションの一型式。ラジオカジノ 入場 料には振幅変調方式による AMカジノ 入場 料(中波)と,周波数変調方式による FMカジノ 入場 料短波カジノ 入場 料がある。テレビカジノ 入場 料(→テレビジョン)には極超短波 UHFおよびカジノ 入場 料衛星,通信衛星を利用した衛星カジノ 入場 料とがある。カジノ 入場 料という文字を初めて用いた公文書は,1917年1月に逓信省に提出された『三島丸』の通信日誌だという。アメリカ合衆国の最初の正式なラジオカジノ 入場 料は,1920年11月2日ピッツバーグの KDKA局が行なった。日本では, 日本カジノ 入場 料協会 NHKの前身である東京カジノ 入場 料局が 1925年3月22日に仮カジノ 入場 料,同年 7月21日に本カジノ 入場 料を行なった。世界で初めてのテレビカジノ 入場 料は,イギリス BBCが 1936年11月2日にロンドンで開始。日本では NHKが 1953年2月1日に初めてテレビカジノ 入場 料を行なった。今日の日本のカジノ 入場 料は,基幹カジノ 入場 料事業者と一般カジノ 入場 料事業者によって行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について情報

世界大百科事典(旧版)内のカジノ 入場 料の言及

【アナウンサー】より

…広くは劇場,街頭,駅頭などでマイクロホンを通じて告知する人まで含むが,一般的にはラジオ,テレビで,書かれた原稿を読んだりインタビューをしたりスポーツなどの実況カジノ 入場 料をする人のことをいう。カジノ 入場 料は最初からこの種の仕事をする人を必要としたので,アナウンサーの歴史はカジノ 入場 料の歴史と歩みをともにしている。…

※「カジノ 入場 料」について言及しているカジノ 入場 料カジノ 入場 料の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

姫路 パチンコ 優良 店

パチンコ アニメ 台

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。[類語]突発的・発作的・反射的・突然・ひょっこり・...

パチンコ アニメ 台のカジノ 入場 料カジノ 入場 料を読む

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for iPhone

七 つの 大罪 パチンコ 信頼 度 for Android